シェアハウスは、基本的には生活家電などがありますし、契約する際にも礼金や敷金がかからないということもあり、初期費用も少ない金額で入居することが出来ます。また、一つの空間を何人かでシェアをするということもあり、毎月の賃料も周辺地域から比べたら、安いということもメリットとなっています。

ただ、シェアハウスの場合は、一人で部屋を借りるということではなくて、あくまでもシェアをするということですから、共同生活ということになります。共同生活である以上は、それなりにルールやマナーというものを守っていかないと、円滑な共同生活をすることが出来ませんので、その点はきちんと守る必要があります。

音の問題

シェアハウスのマナーはいろいろありますが、先ずは「音」の問題です。よく隣人がうるさいからということで、大きな事件が起きたりする事が良くありますよね。それは、シェアハウスでも同じです。シェアハウスの場合は特に共同生活という部分が大きいですけれども、やはり相手が不快な思いをしないようにするという配慮はどうしても必要です。この場合の音と言うのは、

  • テレビの音
  • 人の話し声
  • 足音

などは、自分が思っている以上に、相手にとっては負担になっていることが多いです。それと、音との絡みもありますが、一般的に人が寝ている時間に音をだすようなことはマナー違反です。例えば、よく苦情になるのが、夜中の洗濯。日中忙しいから、洗濯をするのは夜中しかないというのはわかります。でも、夜中の洗濯機は響くんです。そういう時は、なんとか工夫をするようにしましょう。それが共同生活で生活をして行く上でのマナーです。

人のものは使わない

あとは、人のものを勝手に使わないということです。これもあたり前のことですが、自分のことは自分のもので処理をしましょう。例えば、歯磨き粉とか石鹸とか、お風呂でのシャンプーなどを他人の物を使い人がいます。これは常識的におかしいですよね。シェアハウスのお風呂やシャワールームは温泉じゃないので、備え付けの石鹸やシャンプーは個人のものです。その辺りの分別というものも、気をつけるべきことだと思います。一般的にも、家族で生活をしている場合でも、タオルはしっかり自分のもの使うという家庭もありますから、他人同士で生活をするシェアハウスでは、個人のものは個人のものであるという意識も必要です。

使ったら、きれいにする

お風呂とシャワーの話題が出ましたが、お風呂やトイレは共同です。ですから、使った後は、次に使う人のことを考えましょうということです。お手洗いだったら、使った後に消臭剤を使うとか、お風呂に入った後に、自分の髪の毛があったら、それはきちんと自分で処理をするということを考えるべきだと思います。

このようにシェアハウスの場合は、共同生活ということになりますから、生活をする上でどういうことをしたら支障が起きるのか、快適なシェアハウスライフが送れなくなるのかということは、一般的な常識に照らし合わせて、考えて行動することが大事です。