シェアハウスと言うのは、生活家電が基本的には用意されていて、入居する際の費用が少なくて済むし、月額の賃料も一般的に一人暮らしをした時の賃料と比べると安く済むというコストの面でとても優しいこともあり、とても人気があります。

コンセプトがあるシェアハウスとは

シェアハウスが一般の住居と比較をして異色なのは、コンセプトがあるということです。この場合コンセプトというのは、具体的に言いますと、

  • 楽器OK
  • ペットOK
  • SOHO可能
  • 食事付き
  • シングルマザー向け
  • 畑付き
  • 語学学習を目的としたもの

など、趣味やスキルアップを目的とした住居であるということです。

では、実際のところ、英語が学べるシェアハウスと言うのは、どういうものなのかということについて考えていきましょう。

英語が学べるシェアハウスとは

英語が学べるシェアハウスと言うのは、環境的には、そのシェアハウスに日本に留学に来ている学生がいて、彼らとともに生活をすることになりますから、日常英語に触れられるケースが多くなるというものです。語学は、実学として勉強をして身につけられますが、やはり英語を母国語としている人とコミュニケーションをするということは、語学を上達するという点では得難い環境です。

また、シェアハウスを運営している会社においては、英語を学ぶことが出来るシェアハウスであるということを、セールスポイントとして入居書を募集している会社もあります。

このような会社の具体的なセールスポイントとしては、

  • 日常的に英会話スクールを実施する
  • 入居者同士のコミュニケーションの機会を増やす

などです。

日常的な英会話スクールの実施

こちらは英語を学ぶことが出来るシェアハウスの定番のメニューです。こちらは、入居している外国人が講師になってくれますし、何よりも日常顔見知りの外国人から教わるので、親近感があるというのがメリットです。

入居者同士のコミュニケーションの機会を増やす

英語を学ぶというよりも、英語を身につける方法としては、勉強ももちろん大事です。特に文書を読む場合には、単語や文法がわからないと困りますが、英語を話すという点では、極端な話、ブロークンイングリッシュでも構いません。大事なことは外国人とコミュニケーションをすることです。そういう状況を作るために、パーティやゲームなどを実施して、英語を話すということを楽しんでもらうというのが、目的です。

このように外国語が学べるシェアハウスは、生活に英語が自然と入ってきているので、まるで外国にいるかのような状況になります。したがって、こういう雰囲気があっている人にとっては、英語を学べる場所としては最高の環境と言えるでしょう。